>

カードローンやキャッシングにおける過払い金

その昔、カードローンやキャッシングの業界では、
グレーゾーン金利というのがありました。

グレーゾーン金利というのは何かというと、
違法行為ではあるが罰則規定がないという金利のことです。

このグレーゾーン金利を理解するうえで、忘れてはいけない法律があります。
その法律というのは、利息制限法と出資法という法律です。

違反すると刑事罰が科される出資法

カードローンなどを縛る主な法律といえば、この2つの法律でした。
いずれの法律も、上限金利を制限しているという意味では同じことなのですが、
その数字と違反した場合の対応が異なります。

出資法の場合、上限金利は29.2パーセントとされており、
これに違反すると刑事罰が待っております。

一方、利息制限法では、元本の金額に応じて3種類の上限金利が設定されていました。
元本が100000円未満の場合は年20パーセント、
元本が100000円以上100万円未満の場合は年18パーセント、
そして元本が100万円以上の場合は年15パーセント、といった具合です。

利息制限法に違反をしても、刑事罰はありません。
つまり、20パーセントから29.2パーセントの間の金利というのは、
利息制限法には違反をしているが、出資法には違反していないという金利であり、
この間の金利をカードローンで設定していても刑事罰に問われることはありません。
そのため、カードローンやキャッシングなどで、この金利のことをグレーゾーン金利と言います。

改正された貸金業法

しかし、出資法が改正されて、上限が29.2パーセントから20パーセントとなったため、
カードローンなどのグレーゾーン金利は撤廃されました。
それとともに発生したのが、過払い金というものです。

過払い金というのは、カードローンなどで支払いすぎた利息のことです。
20パーセント分までの金利は、過払い金の対象ではありませんが、
20パーセントから29.2パーセントまでのカードローンの金利は、過払い金の対象となります。
そのため、最近ではカードローンに対する過払い金請求が多いのです。