>

キャッシングとカードローン

最近ではカードローンという言葉も
良く聞かれるようになりましたが、 カードローンは
キャッシングとはどういう違い
があるのでしょうか?

カードローンとは、
もともと商品名として用意された言葉のように思います。
実際のところキャッシングとの決定的な違いというのは
これといってありません。

そもそも、キャッシングは
どちらかといえば、必要な分だけ小額を借り入れて、
翌月などの短期間に一括返済する
といった性格の融資だといえます。
ただ、キャッシングでも一括返済ではなく、
月々いくらづつの分割払いという返済方法は用意されています。

一方ローンやカードローンというと、キャッシングよりも大口の融資である場合が多く、
分割払いで長期に渡って返済するといった性格の融資だといえますが、
こちらも小額の融資や、一括返済に対応していないわけではありませんから、
実質キャッシングとカードローンにこれといった違いはないといって差し支えないと思います。

カードローンと呼んだほうが・・・

カードローンという呼び方よりも、
キャッシングのほうが古くから使われているように思います。
勝手なイメージかもしれませんが、カードローンと呼んだほうが
なんとなく計画的な借り入れのように聞こえるような
錯覚があります。
キャッシングっていうと、なんとなく無駄遣いしすぎて
足りなくなった穴埋め?みたいな・・・

カードローンというとなんとなく新しい感じ。
消費者金融業界は、そういったイメージを意図的に広めようとしているような気がします。
これって、ファッションでいうところのスパッツとレギンスみたいな感じなんじゃないかと。

一応、違いはあるとは言われていますが、その違いってあってないようなもの。
でもその違いは、かつてのサラ金と消費者金融も同じなんじゃないかと思うわけです。